肋間神経痛の原因や症状や薬、また何科が好ましいの?

スポンサーリンク

肋間神経痛とはどのような病気なのでしょうか?
この「肋間神経痛」とは肋骨(ろっこつ)にそっている神経が何かしらの原因によって痛みが出るものです。
またその原因というのは不明な物が多いという現状です。
しかしながら原因として考えられているものとしては、体制が悪い、不自然な体制や姿勢をとったり、運動不足や疲労や過労が原因になっているとおもわれており、このような体の状態から、神経が筋肉と骨により、圧迫されて突如起こるものと考えられています。
また、ウイルスが原因という見方ものありこの場合には短期の症状ではなく、持続して症状が続くことがあります。
この症状も1度きりのような時もあれば、持続するものもあり、また症状が突如起こる、発作のように痛みが現れるということもあります。発作の場合には特に痛みがひどく、激痛になることが多いです。
症状が発生するタイミングとしては、姿勢を変える時や、物を持ち上げる際、また呼吸をした際に起こります。
この症状で怖いのが、痛みが発生しているタイミングで、くしゃみや咳をした場合に、肋骨を追ってしまうと言うことがあります。

スポンサーリンク

この場合には、更年期や高齢の方で骨粗鬆症の症状をお持ちの方が多くいるという現状もあります。
また、骨の強度が落ちる、骨粗鬆症意外にも、がんの転移により、胸椎の圧迫骨折がおこることがあります。
ガンが原因で或場合には、姿勢から読み取ることが可能であり、また胸骨の痛みから横になって眠ることができないという事もあります。この際には、座って寝るいう生活になってしまいます。
痛みの特徴は「熱鬱少陽」胸やアバラに痛みがあり、呼吸をすると更に痛みが起こります。
患部が熱かったり寒かったりと、いう症状のほか、胸の苦しみ、喉が異様に乾くという症状もあります。
「痰飲停積」こちらは、咳や呼吸により寝返りをすることで痛みが強く出ます。
アバラの箇所が腫れる事があります。
「肝気鬱結」上記に似ていて、アバラの腫れが起こって痛みが出ます。
痛みが感情により変わってくるという特徴があり、人に表現ができないような状態になります。
「血流不全」あばらに刺されたような痛みが走ります。いつも同じ場所に痛みが起こる他、夜になると痛みがだんだんと強くなっていきます。また患部が赤く腫れる事もあります。
「肝陰不足」あばらに常に鈍痛が怒り、耳鳴りや目のかすみ、手足のしびれなどが起こります。
このように肋間神経痛というのは原因が神経の圧迫や、他の病気が原因のものもあります。
そのため、自分の症状の起こる原因を詳しく理解する必要があります。

スポンサーリンク