脇の下の痛みの原因は肋間神経痛になっている可能性が高いです!

スポンサーリンク

脇の下に急激な痛みが生じ悩んでいる方もいるかと思います。
それはもしかしたら、肋間神経痛が原因で痛みを引き起こしている場合があります。
肋間神経痛は肋骨に沿って走る肋間神経が何らかの原因で痛みが起こり、痛みが起こる部位といえば背中、あばら、脇の下、みぞおち等になっていて、身体をひねったり、深呼吸をしたり、咳をしたりするだけでも痛みが酷くなる場合があります。症状としては突発的に起きたり、慢性的な持続するような事があったりと様々で、いつ起きるか分からないため注意が必要となります。
そのため、背中や脇の下等の違和感が酷く続くようであれば、放置せずに病院へきちんと行ってしっかり診療を受ける事が重要となってきます。

スポンサーリンク

肋間神経痛になりやすい人は激しい運動をしている人や長時間のパソコン作業をはじめ、下を向いたままスマートフォンやゲームを長時間している人がなりやすい傾向であります。
帯状疱疹を患っている場合でも免疫が低下して肋間神経痛を引き起こす事があるため、注意が必要となります。
またストレスを溜めやすい人も肋間神経痛になる危険が高いといわれています。
病院で治療を受ける場合は湿布や消炎鎮痛薬で経過を見る事になり、肋間神経に炎症が見られる時にはステロイド使用する場合があります。
そして、ハリや低周波治療を行う事によって症状を軽減する事ができ、局所麻酔を使った神経ブロックも有効的であります。予防するためにはストレスを溜めない事を心がけ、カルシウムやビタミンDを多く含む食べ物や飲み物を摂る事も大切であり、長時間同じ姿勢でいるのを避けつつ、こまめに休憩を入れてストレッチをしたりして凝りをほぐす事も重要となってきます。

スポンサーリンク