肋間神経痛の痛みの部位は人によって違うんです!?

スポンサーリンク

肋間神経痛は若い人でも高齢の人でも罹患する病気です。
痛みの部位も胸であったり背中であったり、人によって様々です。
しかも、その痛みの部位が人によって左、右、真中と異なります。
肋間神経痛になった人の多くは胸部や背部の痛みで内臓の重篤な病気を心配しますが、幸いにも生命に関わるような病気ではありません。
痛みが出る時期は人によって異なりますが、季節の変わり目が多いようです。
梅雨時であったり、寒くなる時期であったりすることがあります。
一年を通して痛いという人もいますが、多くの症例では痛いと感じる時期は特定の期間に限られることが多いようです。
鎮痛剤などの服用によって痛みは緩和されますので日常生活に支障はありません。

スポンサーリンク

肋間神経痛は体型としては痩せ型の人に比較的多く見られます。
適度な運動は肋間神経痛に良いと言われています。
特に、胸部や背部を鍛えるような運動を定期的に行うことで、発症が抑制されることが多く、運動療法は効果が認められています。
痩せ型の体型の人はダイエットをすることがありませんので、運動をする機会が少なくなる傾向にありますが、肋間神経痛に悩まされている人はスポーツジムなどで痛くなる部位を鍛錬する運動をすることが効果的です。
鎮痛剤の服用は痛い部位を楽にしてくれますが、根本的な治療ではありません。
その点で、直接的な医学的治療行為ではないものの、運動による部位の強化は根本的な体質の改善につながることもあります。

スポンサーリンク