肋間神経痛の症状で「発熱」することがあるの!?

スポンサーリンク

人間の体は、たくさんの骨を有しています。
胸部内蔵を覆うような形で存在しているのが、肋骨という骨であり別名があばら骨です。
この肋骨に沿って走る神経が、原因は不明ですが痛むことがあります。
その痛む症状こそが、肋間神経痛と呼ばれているものなのです。
原因は明確にはされていませんが、幾つか考えられています。
不自然な姿勢、運動不足や疲労、帯状疱疹ウイルスが原因で起こる場合などがあげられているのです。
症状としては、痛みが強く出ることと高熱を出すことが往々にしてあります。
また高熱を発症することにより、激しい倦怠感にも襲われるのです。
直ぐに激痛や高熱の症状を、発しても肋間神経痛だとは気づけない場合があります。
それは、特に初期の段階ですと、痛み自体もさほど強くないと言うこともあり、季節にもよりますが、「風邪、インフルエンザ」との症状とも重なることがあります。
これらの感染症にかかると、発熱も起こりますが、ダルイという倦怠感や関節痛の症状が起こります。
これが、初期に段階での発見を勘違いしてしまう理由です。

スポンサーリンク

しかし、激しい痛みが、体の内側から起こったら肋間神経痛の疑いがあります。
肋間神経痛の場合ですと、痛みが徐々に強くなり、関節痛とは全くことなる痛みになりますので、ここで気づくことがほとんどです。
肋間神経痛の原因は様々な要因が考えられるので、その治療方法も多種多様な方法が取り入れられています。
薬物療法、鍼灸療法、理学療法、神経ブロック注射といった治療方法が、現在取られている主な方法です。
原因が明確にはされていないために、症状に合わせた対症療法が行われています。
一般的には、鎮痛剤などを使用した薬物療法が試みられることが多いです。
痛みのひどい部分を、温熱療法で温めるといった方法をとられることもあります。
先に述べたように、根本的な解決策としての治療方法が確立されていないのが原状です。
取られる治療方法は、基本的には痛みを緩和することにあります。
したがって、この疾患が頭に浮かんだとしてら、専門医としておすすめなのはペインクリニックです。
麻酔科医でも、よいです。
痛みに関しての、専門医になります。

スポンサーリンク