肋間神経痛の症状では、痛みの他に動悸や息苦しさも出ることがあるの?

スポンサーリンク

肋間神経痛とは、基本的に肋骨と肋骨の間の肋間に通っている神経が圧迫されて痛みが起こることを言います。
肋間神経痛の症状は驚くほどたくさんあります。
よくある症状は、胸の辺りから背中にかけて痛みが出るものです。
姿勢を変えた時などに激痛が走る場合もあれば、慢性的に痛いと感じる場合もあります。
痛みだけではなく、胸の辺りが冷たくなったり反対に熱くなったりと感じることもあります。
動悸をが激しくなり、息苦しくなることもあります。
胸の辺りだけではなく、目がかすんだり、手足がしびれたり、顔色が悪くなったりすることもあります。
肋間神経は、肋間の間を通り脊髄や腰の上部に延びているため、広い範囲で症状が出ます。
他の病気と間違われることも多く、早めの受診が大切です。

スポンサーリンク

胸に痛みを感じたり、動悸が激しくなるといった症状が出ると、心臓が悪いのではと疑ってしまうこともあるでしょう。
肋間神経痛の痛みは、ごく短時間で治まる場合もあれば、慢性的なものもあります。
呼吸に合わせて痛みが出るケースもよくあります。
しかし、5分以上長く続く痛みはまれで、5分以下の短い痛みが断続的に続くような場合は、心臓の病気を疑う必要はありません。
動悸がする場合もすぐに治まるようであれば、大きな病気ではないでしょう。
しかし少し注意の必要な場合が狭心症です。
狭心症の症状として、肋間神経痛の断続的な痛みに似た痛みが出る場合があります。
あまり長期間、肋間に痛みがある場合は、心臓外科を受診した方が良いかもしれません。
肋間神経痛は原因が多くありいまだに解明されていないという事があります。
また肋骨周辺に痛みが起こる原因というもの同じく多く存在しますので、しっかりと自分の病気を特定して治療を行っていきましょう。

スポンサーリンク