肋間神経痛で処方される鎮痛剤の種類と効能を理解しましょう

スポンサーリンク

 

 

神経痛の一種とされる肋間神経痛で悩まれる方が増えています。
原因はストレスや、交通事故の後遺症など、実に様々なものがあるとされています。
肋間神経痛の方は、当初は様々な種類の市販の鎮痛剤で凌がれる場合も多いようですが、所詮は一時的に痛みを抑えるだけですから、結局は通院治療をされることがほとんどです。
肋間神経痛が悪化すると、日常生活を送るのに支障が出ますから、早めに医師の診察を受け、適切な治療をされるのが得策です。
受診されると、医師が適切な種類の鎮痛剤などを処方してくれますが、全ての方に同じ薬が処方される訳ではないのです。
どのような症状の、どのような方に、どのような種類の薬が遣われるのか、受診前に少し覚えておくと、より安心できます。

スポンサーリンク

まず、肋間神経痛で処方されることが多いのは、ロキソニンです。
最近は市販もされており、頭痛や生理痛の際にお世話になった方が多いかも知れません。
ロキソニンは、効果が早く現れるメリットがあり、鎮痛剤として医師から見て第一選択肢になります。
胃腸が弱い方は、食後に服用すると、胃痛などの副作用が緩和されます。
次に挙げられるのは、ボルタレンです。
前出のロキソニンよりも鎮痛効果が高い薬です。
反面、眠気や胃痛などの副作用も強いため、長期間の服用には注意が必要です。
即効性が非常に高く、優れた効き目がありますが、ロキソニンで効果が弱い場合に処方されるケースが多くなっています。
さらに、肋間神経痛の治療に使われる薬には、リリカもあります。
リリカは前出2種類の痛みの信号をブロックする仕組みの鎮痛剤とは、別の仕組みであり、神経を麻痺させることで痛みを抑制します。
やはり、副作用が出やすいため、処方される頻度は低いです。

スポンサーリンク