胸がずっと痛い症状の原因は肋間神経痛かもしれない

スポンサーリンク

 

 

肋間神経痛とは、肋骨の近辺にある神経が何らかの原因によって傷みを発症してしまう症状のことを指します。
この肋間神経痛というものは実のところ原因が特定されてはおらず、ある人の場合は打撲や打ち身が症状を引き起こす原因となっていることもありますし、またある人の場合には過労やストレスが原因となっていることもあります。
また、知らず知らずのうちに肋骨が骨折をしていたり、帯状疱疹のウイルスが原因となっていることもあります。
そのため、肋間神経痛の症状を引き起こす原因というものは特定しにくく、自分が一体どのような理由から肋骨の近辺に痛みを感じてしまうのかが分からないという人がほとんどです。
しかし、胸がずっと痛いなどの症状があまりにも長く続くような場合には念のために医療機関での診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

肋間神経痛は主に中高年の世代の女性に多くみられる症状であるといわれていますが、特に理由もないにも関わらず胸がずっと痛い、大きく呼吸をしたときに胸が痛いなどの自覚がある場合には肋間神経痛の疑いがあります。
とくにデスクワークなどで一日中同じ姿勢をしているという人や運動不足気味の人は要注意です。
また、このような生活習慣に該当しないという人であっても、何か他の病気が要因となっている可能性もあるので注意が必要になってきます。
また、胸がずっと痛いのではなく、痛みが短期間で治まるような場合であったとしても、肋骨の近辺の神経が知らず知らずのうちに圧迫されていることもあるので、胸の周辺に傷みを感じるようなときには医療機関へ足を運ぶようにしましょう。

スポンサーリンク