肋間神経痛で微熱が出る場合の症状について

スポンサーリンク

 

 

肋間神経痛とは、神経痛の症状の1つであり、胸や脇腹などに強い痛みが走るのが特徴です。
そしてこの場合、強い痛みと一緒に微熱が発生する場合があります。
また肋間神経痛の症状によって不眠症に悩まされるケースもあるために、あまりにも痛みが強い場合は早めに病院に行くことを推奨します。
神経内科を受診することによって、痛みが発生している患部に麻酔を打ったりして治療を行う事ができます。
また、病院によっては漢方などの飲み薬の治療を行う場合もあります。
いずれにせよ肋間神経痛を発症してしまった場合は、気長に治療を継続することが大切なポイントとなります。
微熱の症状が発生している場合は、医師に相談をするようにしましょう。
他の内科系の病気の可能性もあるからです。

スポンサーリンク

肋間神経痛とは、胸や背中や脇腹などに強い痛みが発生する症状を言います。
微熱も発生する場合があるために、痛みが強い場合は早めに病院を受診しましょう。
人によっては慢性的なストレスによって神経痛を発症してしまう場合があります。
この場合は、神経内科と同時に心療内科に行くことを推奨します。
なぜなら、神経内科で神経痛の痛みを鎮静させたとしても、神経痛の原因となっているストレスを改善させなければ再び症状を繰り返してしまう可能性があるからです。
また、睡眠不足は免疫力の低下を招いてしまって、肋間神経痛の回復を低下させてしまう可能性があります。
そのため眠れない場合は痛み止めの薬や、睡眠導入剤等を処方して貰うなどの治療をしてもらいましょう。

スポンサーリンク