肋間神経痛の症状に「リリカ」は効果が期待できるの?

スポンサーリンク

 

体の不調にも様々な種類がありますが、特に胸の痛みは気になるところです。
胸が痛いという場合は心臓病も疑われますが、実は心臓には特に問題はなく、別の原因で痛みが発生している場合もあります。
気になる痛みは放置せず早めに診察や検査を受け、その原因を知っておきましょう。
胸の痛みがある病気のひとつに肋間神経痛があります。
肋間神経痛は神経痛の一種で胸や背中、体の側面に強い痛みが発生する症状です。
体の片側に痛みが出ることが多く、その原因はストレス、肩こり、冷えなど様々なものがあります。
肋間神経痛の痛みを和らげるためには治療も必要となりますが、この場合は薬が効果的ですので、まずは診察や検査を受け、それぞれの症状に合う薬を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク

肋間神経痛の痛みに効果的な薬のひとつにリリカがあげられます。
リリカは一般名はプレガバリンと呼ばれており、神経痛の改善に効果的な鎮痛薬です。
神経痛は過剰に神経が興奮し、様々な伝達物質が大量に放出されることで起こりますが、リリカを服用すると神経伝達物質の放出が抑えられますので、痛みが軽減することとなります。
高い痛み改善効果が期待できる薬ですが、眠くなりやすい副作用がありますので、服用した場合は運転や危険を伴う作業は避けましょう。
症状や年齢によって服用量は違ってきますので、医師の指導に従い正しい服用を行っていきましょう。
1日2回の服用を行うことが多くなっていますが、飲み忘れたからと一度に2回分飲むことは避け次の服用から1回分を服用します。

スポンサーリンク