坐骨神経痛の症状を緩和する為に温める場所とは

スポンサーリンク

腰痛を抱える人は多く、日本人の国民病ともいわれています。
この腰痛と共に発症したり腰痛の症状から移行して、痛みを感じるようになるのが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛とは腰から足まで伸びている坐骨神経が、色々な理由によって圧迫や強い刺激を受けることで痛みやしびれを感じる症状のことを指します。
痛みやしびれを感じていてその後症状が悪化すると、麻痺や歩く際に強い痛みを感じて歩行障害を起こすケースも坐骨神経痛にはあります。
坐骨神経痛の直接の原因となる場所は世代によっても異なり、若い世代では腰椎椎間板ヘルニアが原因となる場合が多く、高齢になると腰部脊柱管狭窄が原因で発症するケースが多くなります。
腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄は共通して、背骨の腰の部分である腰椎に以上が起きて坐骨神経が、圧迫されることにより症状を引き起こします。
強い痛みが出ると日常生活に支障をきたす場合もある、坐骨神経痛の症状を緩和する為に必要なことについて説明します。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の症状が、出やすいのが気温が低い状況です。
体が冷えてしまうことで体内で上手にエネルギーを、作ることが難しくなり代謝が落ちます。
代謝が落ちるということは、筋肉にも影響を与えてコリを発生させます。
コリが発生することで神経を圧迫しやすい環境になりやすく、症状が出ることに繋がります。
症状の緩和の為には体を温めることが有効ですが、温める場所を正しく理解することが重要です。
坐骨神経痛というと腰の部分を温めるというイメージを、持つ人が多いですが腰を温めるだけではあまり効果は期待することは出来ず温める場所が重要です。
注目すべき場所は、お尻です。
坐骨神経は長い神経で、人間の体の中で最も太い神経を持つ場所です。
その為筋肉や骨の影響を受けやすく、筋肉のコリの原因にもなりますがお尻を温めることでコリ固まった筋肉をほぐすことが出来ます。
お尻は体全身を温めるのに、効果的な場所であり症状の緩和に役立ちます。
辛い症状が出ている時にはまず、お尻を温める習慣を付けることが大切です。
効率的に症状を緩和する為に、温める正しい場所を覚えておくことをオススメします。

スポンサーリンク

関連ページ

坐骨神経痛の激痛で動けないときの対処方法とは?
坐骨神経痛の手術の入院期間ってどれくらいですか?
座骨神経痛の冷えの症状と原因って何?
坐骨神経痛になる原因は肥満も関係しているんです!!
座骨神経痛で眠れないときの対処方法はどうすればいいの?
座骨に神経痛が起きる原因と症状ってなに!?
坐骨神経痛ではロキソニンが効かないことがあるんです!?
坐骨神経痛で湿布を貼る位置はどこがいいの?
坐骨神経痛で仰向けが痛いときの対処する方法とは?
座骨神経痛の痛み止めの効果や作用ってどうなの?
坐骨神経痛で朝に痛い症状が出る原因ってなに?
病院で坐骨神経痛を治すなら何科に行けば良いの!?
坐骨神経痛は運動で悪化する事ってあるの?
坐骨神経痛を疾患している場合の座椅子の座り方って?
坐骨神経痛の激痛の時の対処方法ってどうすればいいの?
坐骨神経痛は寝方や向きで症状改善することがあるんです”?
坐骨神経痛の太ももの前の痛みとその原因とは?
坐骨神経痛で歩くと痛いときの対処方法ってあるの!?
坐骨神経痛とお酒やアルコールの影響が出ることあるの?
坐骨神経痛と夜に痛い症状が出る原因ってなんだろう?
坐骨神経痛の痛みの期間ってどれくらい?
坐骨神経痛の手術費用はいくらくらいかかるものなの?
坐骨神経痛になった時に安静にしているべき期間があります!