肋間神経痛をツボで治療することはできるの?

スポンサーリンク

ツボを刺激することで、肋間神経痛を治療することができます。
ツボを刺激すると、自律神経のバランスを取ることができます。
その結果、副交感神経が働いて気持ちが楽になってリラックスできたり睡眠が十分に取れたりします。
このように心身のバランスをとることで、肋間神経痛を治療することができます。
肋間神経痛では脇腹や胸以外に、肩や背中にまで痛みが起こる場合があります。
したがって肋間神経痛の治療に効果があるツボは、脇腹や胸あたりだけでなく肩や背中にもあります。
他には、腕や手にも治療に効果があるツボが存在します。
鍼灸やマッサージ店でツボを刺激してもらうという方法で肋間神経痛の治療ができますが、時間がない場合などには自分でも行うことができます。
例えば、前腕の中心部にあるツボは、様々な症状に効果があります。
この部分を親指で気持ちが良い程度に押すと動悸や息切れや喘息や、気持ちを静める効果が期待できるので肋間神経痛の治療に繋がります。

スポンサーリンク

肋間神経痛の症状を治療するためには、体操でツボをほぐすことも良い方法です。
体操を行う利点の一つは、体と心の緊張をほぐすことです。
交感神経と副交感神経が、上手くバランスをとって働くようになります。
交感神経が静まるので、筋肉の炎症やピリピリした痛みが治まっていきます。
また、体操では強く揉まないので、揉むことによる筋繊維や筋膜の損傷が起こりません。
他には、骨や骨格に影響を与えるので、背骨が整っていきます。
また、肋間神経痛で病院を受診した場合は問診や検査などから原因を特定し、明らかになた原因に対しての治療が行われます。
原因が帯状疱疹の場合は抗ウィルス薬が使用されます。
狭心症だと判明すれば、血液をサラサラにする薬が投与され、手術が行われる場合もあります。
肋間神経痛の原因が肋骨骨折であれば、固定帯で固定します。
また、痛みに対して湿布を貼ったり鎮痛薬を使用したりといった対症療法も行われます。
症状が強ければ、神経ブロックを行う場合があります。

スポンサーリンク