肋間神経痛による痛みに効果的な「市販薬」は?

スポンサーリンク

肋間神経痛とは、肋骨に沿って走る神経が何らかの原因で痛む症状です。
多くは、肋骨周辺に激痛が来て、その後は、体勢を変えたり、呼吸をする度に痛むようになります。
人によっては、何か胸に詰まっている感覚や息苦しさを感じる場合もあります。
肋間神経痛には、病気や怪我等、原因のはっきりしている続発性のものと、筋肉疲労や姿勢の悪さ等、原因が特定できない原発性のものがあります。
病気や怪我が原因の場合、その治療を優先して行うことが大切で、その結果痛みが軽減されます。
原因が特定できない場合も、正しい姿勢で規則正しく生活することで改善が見込まれます。
いずれの場合も、突然襲ってくる激痛には、痛み止めの薬や湿布などで対応しながら原因を探っていく事になります。

スポンサーリンク

何の前触れもなく襲ってくる激痛に対しては、まず病院を受診し鎮痛剤や湿布を処方してもらう事が大切です。
しかし、病院に行くほどの痛みが出ていない場合や病院の薬が切れた場合を考慮して市販薬を準備しておき、場合により服用される方もいます。
市販薬の中では、痛みを内側から治す消炎鎮痛作用のあるロキソニンがオススメです。
病院でも処方される鎮痛剤であり、最近ではドラッグストア等でも購入できるようになったので効き目は確かです。
また、肋間神経痛に効果のある漢方薬も販売されているので、試してみる方もいます。
体質や症状の強さによって使用する漢方薬は違うので、薬剤師に聞いたり、自分で調べたりする必要があります。
その他、すぐ貼れる湿布等を購入しておくと急に痛みが来た時でも、落ち着いて対処できます。
このように、肋間神経痛に効くとされる市販薬は多く販売されており、うまく使用すると高い効果が期待できます。

スポンサーリンク