肋間神経痛の診断方法について

スポンサーリンク

肋間神経痛という症状があります。
肋間神経痛とは病気の名前ではなく症状となります。
したがって肋間神経痛を発症しているということは、ほかの病気が原因となっていることがほとんどです。
肋間神経痛の可能性があるときには診断方法が気になりますが、まずは病院を受診するという形になります。
背中や腰の痛みを取り除くために痛み止めが処方されています。
しかしこれでも症状が治まらない場合には診断方法として背中のエックス線写真が撮影されます。
ここでも異常を発見することができない場合は、診断方法としてMRIが行われています。
これは強い磁石を使ってレントゲンでは発見することができなかったものを確認する診断方法となります。
肋間神経痛の原因としていくつかの病気がありますが、その中の一つに椎間板ヘルニアがあります。
椎間板ヘルニアはレントゲンという診断方法では確認することができません。
したがってMRIが必要になるのです。
診断方法はいくつかの段階をに分けて行われています。

スポンサーリンク

肋間神経痛は、このようにさまざまな精密検査方法で診断が行われたり、今までに事故にあったことがあるということや持病の有無など問診を行うことで診断されています。
一人一人の状況に合わせて適切な治療が行われています。
肋間神経痛とはどのような特徴があるのかというと、背中から出る末梢神経に何らかの炎症が発生し、痛みを感じるようになっています。
肋間神経痛を引き起こしやすいのは次のような人となっています。
原因がはっきりとしていませんが、今までに肋骨を骨折したことがあるという人や、ヘルニアを発症したことがあるという人は注意が必要です。
またこのほかにストレスが原因となって発症することもあります。
病院の何科を受診すればいいのかというと、基本的には整形外科を受診するようにします。
ここでいくつかの検査が行われますが、ストレスなどが原因となっている場合は問題を発見することができません。
したがってストレス治療のために心療内科や精神科を受診することもあります。

スポンサーリンク