心臓が痛いという症状が発生する事もある肋間神経痛について

スポンサーリンク

肋間神経痛とはその名前からも分かるように、何等かの理由で肋間神経という神経に痛みを感じるようになる疾患の事を言います。
そもそも肋間神経とは胸部付近を走っている神経の事で、肋骨に沿って伸びているという特徴があります。
 この肋間神経が何等かの理由で圧迫されたり刺激を受けたりして、それに反応して痛みの症状が現れるのが肋間神経痛になります。
 肋間神経痛が発生する原因については複数ありますが、例えば猫背等の姿勢の悪さやストレスの蓄積等が挙げられます。
普段から猫背のクセがあり常に姿勢が前かがみになっていると、肋間神経が圧迫されて発症してしまう事があります。
またストレスの蓄積が多いと全身が緊張状態となり、筋肉が硬く収縮して肋間神経を圧迫して発症する事も少なくないです。
 患者の中には原因が特定出来ないという人も少なくなく、原因不明なのに痛みが続くという現状に悩まされる人も多くいます。
この原因が分からない事自体がストレスの原因となる事も多く、このストレスによって状態が悪化する事も珍しくないです。

スポンサーリンク

 肋間神経痛を発症した場合に現れる症状としては、病名にもあるように肋間神経に沿った痛みの症状が挙げられます。
状態が悪化してくると痛みの症状が強くなる事もあり、ひどくなると日常生活に支障をきたす可能性も出てきます。
 ちなみに肋間神経痛の症状の一つとして心臓が痛いと訴える患者もいますが、この心臓が痛いという症状もよく見られます。
上記したように肋間神経痛では肋間神経に沿って痛みが発生するのですが、それが胸部に近いため心臓が痛いと勘違いしてしまう事があるのです。
そのため本当は肋間神経が痛いのに心臓が痛いと思い込んで、心臓に関する疾患を疑って不安になる人も多くいます。
また心臓が痛い事から心臓に関する科ばかり受診して、肋間神経痛の治療が遅れてしまう事も少なくないです。
 もしも心臓が痛いという症状が続いている場合には、一度肋間神経痛の発症を疑ってみる事も大切だと言えます。
 肋間神経痛の治療方法に関しては対症療法を行う事が多く、部分麻酔等で痛みを緩和する処置等が取られます。
また原因によってはマッサージ等で硬くなった筋肉をほぐし、根本的な治療を試みる事も少なくないです。

スポンサーリンク