胸の真ん中に症状が現れる事もある肋間神経痛について

スポンサーリンク

肋間神経痛とはその名前からも分かるように、肋間神経という神経に痛みを感じる疾患の事を言います。
そもそも肋間神経とは胸部にある神経の事で、同じく胸部にある肋骨という骨に沿って走っている神経になります。
この神経が何等かの理由で圧迫されたり刺激を受けたりする事で、肋骨に沿って痛み等の症状が現れるのが肋間神経痛です。
 肋間神経痛が発生する原因につては最近になって、ストレス等が関係している事が多いと言われてきています。
仕事等でストレスが溜まったりすると体が緊張状態になってしまうのですが、この緊張状態は筋肉にも同じように起こります。
筋肉が緊張すると固く収縮するのですが、この収縮が胸部の筋肉で起こると肋間神経を圧迫する事になるのです。
この胸部の筋肉の緊張によって肋間神経が圧迫される事で、肋間神経痛を発症して様々な症状が現れるようになります。
 またストレスの蓄積ではなくても胸部の筋肉を酷使するような事を続けると、それが原因となって発症する事もあります。

スポンサーリンク

 肋間神経痛を発症した場合に現れる症状としては、肋骨に沿って感じる強い痛みを挙げる事が出来ます。
本当に状態が悪化していると日常生活に支障をきたすようになるので、出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいです。
 また肋間神経痛の症状として胸の真ん中の痛みを訴える人もいますが、この胸の真ん中の痛みも珍しくない症状になります。
胸の真ん中は肋間神経にも近いので、痛んでいる部分が胸の真ん中だと脳が勘違いしてしまう事があるのです。
胸の真ん中の痛みというと肺の疾患や心臓の疾患、女性なら胸の真ん中となると乳がんの心配をする人も少なくないです。
しかし肋間神経痛が原因で胸の真ん中に痛みを感じる事もあるので、まずは病院を受診してきちんと検査を受けるのが望ましいと言えます。
 肋間神経痛の治療方法に関しては対症療法を行う事が少なくなく、部分麻酔を打って痛みを取る等の処置が行われます。
また根本的に治療する方法としては、マッサージ等によって筋肉の緊張をほぐすといった処置が取られる事もあります。

スポンサーリンク