肋間神経痛は病院の何科を受診するのが好ましいの?

スポンサーリンク

肋間神経痛という症状があります。
このような症状が現れているときには病院の何科を受診すればいいのかわからないという人がいます。
肋間神経痛は胸の付近に刺すような痛みを感じることがあります。
胸の痛みと言うことで病院の何科を受診するか考えたときに循環器科と考える人もいます。
しかし肋間神経痛の場合は病院の何科を受診すればいいのかというと、整形外科となります。
肋間神経痛は胸の痛みを感じるようになっていますが、このほかにも症状が現れることがあります。
痛みが常にあるというようなときには内臓疾患の可能性があります。
かゆみや水疱などを伴うときにはほかの病気の可能性もあります。
したがってこのようなときには病院の何科を受診すればいいのかというときには内科となります。
しかし内科なのか整形外科であるのかという何科を受診するかの選択に関して自分で判断することが難しいです。
このように判断が難しいときには小さな病院ではなく大きな病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

内科と整形外科があるというような病院では、何科を受診するか迷ったときにも問診を行った後にすぐに対処をしてくれるようになっています。
病院を受診すると問診が行われ、肋間神経痛の症状があるかの確認が行われています。
ここで症状にあわせて整形外科や内科を受診することができます。
肋間神経痛の際に何科に行くかは、基本的には整形外科となります。
しかし症状によっては内科のこともあります。
肋間神経痛は、外傷や内臓疾患が原因となっている場合治療が必要になります。
神経を圧迫しているものが運動不足であったり疲れや同じ姿勢というように考えられています。
したがって適度な運動をしたりストレッチをこまめに行うことで改善されます。
また肋間神経痛で一番の問題となっているのはストレスになります。
睡眠をしっかり取ってビタミンCを補給するという対処が必要です。
この場合の病院での診察は心療内科や精神科になります。
カウンセリングが行われ、うつ病の有無が診断されています。

スポンサーリンク