肋間神経痛ではロキソニンが効かないという事があるんです!?

スポンサーリンク

偏頭痛と異なり、肋間神経痛はどこに激痛が発生するのか分からないのが特徴です。
肋間神経痛の原因は自律神経の不調から来る、神経痛とされていますが、適切な処置法が無いため、薬を飲んで痛みを止めるしか方法は無いです。
肋間神経痛が発生したら服用すると良いのがロキソニンです。
ロキソニンは偏頭痛に効果があり、また他の強い痛みに対しても効果を発揮するため、万能薬として使用されています。
けれども肋間神経痛の中には、ロキソニンが効かない痛みもあります。
効かない原因は不明ですが、発生した場所や痛みの程度によっては全く効果を発揮しないため、飲んでも痛みが取れる事は無いです。
ロキソニンが効かないと感じたら、しばらく様子を見ると良いですが、日常生活に影響を与えるほどの痛みが続くようなら、医療機関を受診する必要があります。
医療機関を受診するなら、ロキソニンが効かない事を伝えると良く、担当医は適切な診断を下しやすくなります。

スポンサーリンク

肋間神経痛は年齢に関係無く発症するため、常日頃から管理する必要があります。
一度発症すると癖になる事が多く、何度も激痛に見舞われる事になります。
その都度にロキソニンを服用すると良いですが、効かない場合は飲むのを中止して様子を見ます。
医療技術の発展により、肋間神経痛に対応する専門外来もあります。
ロキソニンは強い痛み止めであるにも関わらず、効かないとなると他の原因も考えられるため、きちんと調べる必要があります。
また効かないと感じた場合は、体を安静にする事も大切です。
無理をして体を動かすと、痛みを強くしたり治りにくくなるため、体に負担をかけます。
肋間神経痛が発生した場合は、極力体を休めて、運転や激しい運動は避けた方が無難です。
痛みが原因で、思わぬ事故や怪我を引き起こしてしまう可能性があるため、痛い時は痛みが引くまでゆっくり過ごします。
そして突然激痛が発生した場合は、運転中であっても歩行中であっても、止まる事が大切です。

スポンサーリンク