肋間神経痛というのは治る病気なの?

スポンサーリンク

肋間神経痛とはその名前からも分かるように、何等かの理由で肋間神経という神経に痛みが発生する病気の事を言います。
肋間神経とは胸部を中心に広がっている神経の事で、肋骨に沿って走っている事から肋間神経という名前が付いています。
 この肋間神経が何等かの理由で圧迫されたり刺激されたりすると、その圧迫等の影響で肋間神経に沿って痛みが発生する事があります。
これが肋間神経痛と呼ばれる病気でひどいと日常生活に支障をきたす事もあるので、早めに治療するのが望ましいです。
 肋間神経痛が発生する直接の原因は肋間神経の圧迫等ですが、その圧迫等が起きる原因については複数考えられます。
代表的なものとしては日頃から猫背のクセがある等の姿勢の悪さや、仕事等によるストレスの蓄積等を挙げる事が出来ます。
 猫背のクセがあるという事は常に背中が丸まっている状態となるため、自然と肋間神経が圧迫されやすくなってしまいます。
またストレスが蓄積していると全身の筋肉が緊張して硬くなり、この硬くなった筋肉が肋間神経を圧迫して発症する事もあるのです。

スポンサーリンク

 肋間神経痛を発症した場合に現れる症状としては、肋骨に沿って感じる強い痛みが代表的な症状となっています。
また本来は肋間神経に沿って発生する痛みを、胸の痛みや背中の痛み等として感じてしまうケースも少なくないです。
 肋間神経痛の治療方法に関しては原因に合った治療が必要になるので、まずは発症原因を特定する事が大切になります。
例えばストレスの蓄積が原因ならばストレスの解消や、ストレスが蓄積しない環境を作る等が挙げられます。
 それ以外にも原因がハッキリしない場合や痛みが激しい場合等は、症状を和らげる事を目的とした対症療法を行う事もあります。
 ちなみに肋間神経痛は再発する場合も少なくないのですが、きちんと治る病気なのか不安に感じる人も少なくないです。
この肋間神経痛は治る病気なのか否かについては、原因が特定出来るかどうか等によって治るかどうかが変わってきます。
 例えば姿勢の悪さが原因ならばその姿勢の悪さを直せば原因が解決出来るので、治る事が出来る病気という事になります。
しかし原因がハッキリしていない場合には根本的な治療が出来なくなるため、完全に治る事が難しい病気という事になってしまいます。
また治る病気だった場合でも長く放置すると完全に治るのが難しくなるので、出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク